メインイメージ画像

バイトをするにあたって注意する事

あなたがバイトをするときにどういったことに注意したら良いと思いますか?どのような人でも新しいバイト先・仕事・同僚というシチュエーションでは、大いに緊張するものですが、落ち着いて、今あるやるべき事を一個ずつ慎重にやっていくことが重要です。そういった中ではとりわけ、他人との関係には気をつけることが必要になります。まず、労働するということは、無論家族に対するような話し方や態度では通りません。先輩なのに年下という話も多くありますが、いつも相手を感謝の気持ちを持って対峙することが大切です。パートとバイトには法律上の開きは存在しないとされています。

双方とも労働時間に関連なく社会保障などが適用されます。じゃあ、開きはどこに存在するのでしょうか。店舗によって違いは存在しますが、パートは正規の社員と比較して働いている時間が少ない方、バイトは学生などが本業とは別に働く、という意味合いがあるようです。バイト情報誌などではパートの方が労働時間が長めだったり勤務日数が多く設定されているものが多いということです。自分の希望するパートをするためにはしっかり見定めましょう。

バイト先は友人が集まる場所とは相異なります。就労場所であるから、言葉使いが大切になります。労働中、敬語を使用するのは当たり前のことです。目上の人には徹底しましょう。一方、お客様相手のバイトのみなさんは、客人に対しての言葉の使い方も重大になります。

ゲストは親友ではないので、もちろん敬語を利用することとなるでしょう。利用する尊敬語はバイト敬語にならないように気をつけましょう。一例をとると、「よろしかったでしょうか」の正しい言い方は「よろしいでしょうか」、「お弁当の方を」を正確に言うと「お弁当を」です。正しい尊敬語を頭に止めてバイトをやりましょう。

更新情報